FC2ブログ

DK(ダイニング・キッチン)とLDK(リビング・ダイニング・キッチン)について

DK(ダイニング・キッチン)とLDK(リビング・ダイニング・キッチン)について


お部屋探しの重要な要素のひとつに「間取り」があります。

その中で、お客様によくわからないと質問されるのが、

「DK」と「LDK」の違いです。

本日は、「DK」と「LDK」についてご説明します。

「K」はキッチン、「D」はダイニング、「L」はリビングと言う意味です。

ですので、
「DK」とは、台所と食堂の機能が1室に併用している部屋、
「LDK」とは、居間と台所と食堂の機能が1室に併存する部屋という事です。

因みに、「DK」と「LDK」の最低必要な広さの目安というものがございます。

DKの場合                       LDKの場合
1部屋の場合 4.5畳~6畳未満           8畳以上
2部屋の場合 6畳~10畳畳未満          10畳以上

ただ、あくまで目安ですので、不動産会社・字型により表記の基準が異なる場合がございます。

ですので、間取り図をご覧になる場合は、何畳あるのか、使いやすい形なのかにも気をつけて下さい。





スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お問い合わせ
大境不動産株式会社 info@ohzakai.co.jp

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめサイト
アフィリエイト・SEO対策